忍者ブログ

近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは

近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは? 小・中学生児童を中心とする、3079人を視力アップに導いた『目のプロフェッショナル』が公開した最新アイ・トレーニング法
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レーシック手術やコンタクトに頼らずに・・・
“視力アップできる裏技”あります。

『楽々!視力アップマニュアル』



3年間かくれたロングセラーを続けている、
『インターネット視力アップ塾』がある事を知っていますか?


今までに、2,000人以上の人たちが実践し、視力アップ成功者が続出した、ネット上の視力回復センターです。


1日15分の簡単なトレーニングと生活改善で、子供から大人まで、視力がみるみる改善するという、画期的視力アップ法です!


この方法は、全国2万人以上が視力アップした、視力センターの実績をもとに、自宅でも出来るようにプログラム化したものです。


  

この方法は、眼と右脳をトレーニングすることで、視覚全般を格段に向上させることで、視力までアップさせるという視力アップ術です!


眼科では、ミドリンやミオピン、サンドールといった調節麻痺剤の処方のみで、視力改善はむずかしい現状があります。


なぜ、視力回復に眼科は熱心ではないのか?


ひとつの原因は、近視はメガネをかければいいので、病気の範疇ではないというのが、眼科医の一般的な見解だからです。


もうひとつの原因は、時間のかかる視力回復のトレーニングを行うより、コンタクトやメガネの処方をしたり、レーシック手術、オルソケラトロジーをすすめた方が、はるかにお金になるからです。


しかし、ここのサイトには、熱心な視力回復のプロがいます!

→→ 楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)



この視力アップ法は、
1、眼の内側の筋肉である、毛様体筋をストレッチ
2、眼を動かす、6つの外側の筋肉をトレーニング
3、両眼のチームワークを整える
4、右脳に刺激をあたえるゲームをおこなう

以上、4つのことを行うことで、これまでなかなか視力アップができなかった人たちでも、視力がアップしていきます!


実は、人間は物を見るときに、眼で見ているわけではなく、眼からはいった光の情報が網膜に映し出され、視神経を通って、脳で映像化されたものが視力として認識されているのです!


だから、

右脳トレーニングすることで、眼からはいった情報をすばやく処理し視覚がアップし、視力もアップできるのです。


この方法を、「アイトレーニング」または「ビジョンエクササイズ」と名付けています。

たくさんのお子さん達や、大人までもが視力回復したと、絶賛の声が上がっています!

このトレーニング実践者の中には、パイロット試験合格をめざして、見事に達成した方もいらしゃっしゃいます!



ご存じないかも知れませんが、パイロット試験の視力測定の規定では、レーシック手術による矯正は、認められていません。

また、裸眼視力だけでなく、屈折度数や視野といった細かな条件をクリアしなければ、
パイロット試験には合格できないのです。


 

これまで、2,000人以上が実践して、たくさんの人達がその効果を実感した、自宅視力アップ法です!

「もう、視力アップは無理」と、あきらめているあなたにこそ、試していただきたい視力アップ法です!


 →→ 楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)



ご自宅で、1日15分の簡単トレーニング!
30日間で視力がアップ
そして90日間、視力回復のプロが完全サポート!


視力低下に悩んだら、視力アップのカリスマトレーナーが考案した、自宅トレーニング法。
「90日間」視力アップトレーニング塾
楽々!視力アップマニュアルです。


 →→ 楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き(CD-R&完成品トレーニングキット版)



今なら、数量限定の特別価格です。
さらに、期間限定の特典もついています!


PR
ブログ内検索
フリーエリア

Copyright © 近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは? All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]