忍者ブログ

近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは

近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは? 小・中学生児童を中心とする、3079人を視力アップに導いた『目のプロフェッショナル』が公開した最新アイ・トレーニング法
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[1]  [10]  [4]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 仮性近視という言葉を一度は聞いたことがあると思います。近視と仮性近視とは違うということを覚えておいてくださいね。



 長い時間本を読んだり、細かな作業をしたりすると、目の毛様体筋が緊張が長く続いたために、元に戻り難くなることがあります。すると、一時的に近視のような状態になることがあるのです。一時的に目の調節能力が失われ視力が低下する状態になることをを仮性近視と言います。一晩寝れば回復することもあります。目に負担がかかるようなことを止めれば自然に回復します。



 仮性近視は子供に多く見られます。子供の目はとても大人に比べると、とても柔軟性があるので、学校の健康診断で「近視」と判定されることが少なくありません。なぜかというと、学校で行われる目の検診は、授業の合い間に行われることが多いため、教科書などを長く見た後にぐ検査することが多いのです。子供の目の調節力は大人よりも強いので、授業で近くにピントが合ったままの状態で検査されることがあるのです。つまり、「近視」の状態になったまま検査されると、近視と判定されてしまうのです。



 学校で近視と判定されても、一時的な調節麻痺や緊張性の「仮性近視」の場合があるので、病院に行って、本当に近視なのか、一時的なものなのかを確認しなければなりません。眼科に行って、検査をし直した方が良いでしょう。その後に、メガネをかけるなど、医師の判断に任せましょう。ただ、仮性近視から近視に移行することがあるので、注意が必要です。



PR
ブログ内検索
フリーエリア

Copyright © 近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは? All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]