忍者ブログ

近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは

近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは? 小・中学生児童を中心とする、3079人を視力アップに導いた『目のプロフェッショナル』が公開した最新アイ・トレーニング法
2017/12月

≪11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ふつうに物を見る時に、近いところはよく見えるのに遠いところはぼんやりとしてか見えないのが近視です。普通は、近視になると眼鏡をかけたりにコンタクトレンズを使ったりして、遠くがぼんやりとしか見えない状態をよく見えるように矯正します。



 眼鏡やコンタクトで矯正しない生活を続けていると、目を細めて見てしまったり、歩いていて躓いたりというようなことになりがちです。もっとひどくなると、肩こりしやすくなったり、根気が続かず飽きやすくなったりしてしまいます。なので、小学生などの場合には、早めに眼鏡やコンタクトで矯正した方が良いようです。



 近視には良性のものと悪性のものがあります。


 良性の近視は単純近視と呼ばれています。

 小学校や中学校時代に始まって急速に進行し成人すると進行が遅くなる近視です。ほとんどの場合、良性近視だと考えて間違いありません。ひどい場合には、裸眼視力が0.1以下になることもあるようですが、眼鏡やコンタクトレンズで矯正することができます。



 良性近視に対して悪性の近視を病的近視と呼んでいます。

 病的近視の原因は、眼軸、角膜から網膜までの距離が長いか、角膜や水晶体の屈折力が強すぎるからです。裸眼視力も0.1以下となり、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正することができないのです。


 病的近視の発生頻度は、あまり多くはありませんが、何らかの疾患がからんで起きる病的近視を早く発見するためにも、眼科での定期的な検査をしておくべきです。手遅れにならないようにしたいですね。


PR
ブログ内検索
フリーエリア

Copyright © 近視の治し方、インターネット上に出現した視力アップ教室とは? All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]